飲み込みやすい 弁当 介護食宅配

高齢者のため飲み込みやすい食事や弁当宅配サービス

高齢者が飲み込みにくくなる原因は病気や、年齢的なものなど色々とあると思いますが、中でも多いのは脳卒中や脳梗塞などによる嚥下の障害です。

 

介護食宅配

 

まひが起こったり嚥下反射が落ちたりすることによって飲み込みがしにくくなります。

 

それ以外にも入れ歯がないと飲み込みが難しいこともあります。

 

お年寄りは誰でもかれでも飲み込みやすい噛まなくていい食事を作ればいいというわけではありません。

 

しかし病気などで嚥下力が落ちている方に普通食を出してしまうと、誤嚥性肺炎のような危険な病気を起こしてしまうこともあるので、飲み込みやすい食事にしてあげることが必要です。

 

飲み込みやすく加工してある食事ムース食の試食は飲み込みにくい方が飲み込みやすくしてある食事です。

 

作り方としてはまず食材をミキサーにかけて柔らかくした後とろみをつけて形を作ります。

 

そして食塊が形成されるようにしのみこみしやすくなります。
しかしこのムース食を一般家庭で作るのは難しいです。

 

とても時間がかかってしまいますし、毎日の介護で作るのはとても大変です。

 

そこでムース食が配達される所を紹介します。

 

飲み込みやすい食事を配達しているところ

介護食宅配

 

インターネット上でもう試食を個人向けに宅配してるところを見つけました。

 

それはやわらかダイニングというところです。

 

やわらかダイニングでは飲み込みにくい方のためにムース食を宅配しています。

 

やわらかダイニングにはムース食と少し食べやすくしている柔らかい食事を2種類用意しています。

 

飲み込めない方にとってはこのムース食が最適だと思います。

 

飲み込みにくい方の食事作りのポイント

飲み込みというのは普通の子供や大人であれば、簡単に無意識的に行えるものですが、嚥下中枢が障害されてしまうと、嚥下反射起こらなくなりごっくんとするタイミングがずれたり気管支に入れてしまったりなど危険なことになります。

 

特にさらさらと嚥下スピード速いものやベタベタとした飲み込みにくいものは喉につかえたりなど危険です。

 

飲み込みにくい方の食事作りのポイントとしては、食材を柔らかくして滑りを良くすることです。

 

脂身を使ってつるつると滑りやすくしたり、パラパラになってしまうものをとろみをつけて飲み込みやすくするのが一般的です。
しかし嚥下スピードに注意して作らないといけません。

 

あまりとろみをつけすぎると飲み込みにくくなりますし、かといって滑りやすくしすぎると危険なこともあります。
ですので、適度なとろみをつけたほうがいいのです。

 

飲み込みにくい方は食べやすい食事

飲み込みにくい方が食べやすい食事としては
とろみをつけてある水分や樹脂が多く含まれていて滑りが良くなっているもの
などに張り付きにくいもの

 

具体的にはゼリー状に固めているものやとろみがついたお味噌汁などが飲みやすいです。

 

逆に飲み込みにくいものとしては
こんにゃくのような食塊が形成しにくいものや、バラバラに行くだけでしまうもの粘り気が強いお餅喉に張り付いてしまう法などが食べにくいです。