お年寄りは家族と一緒に食事を食べたい

お年寄りは家族と一緒に食事を食べたい

  • 配食サービスなどを使ったり
  • 高齢者用の栄養補助食品を取ったり

そうすることでなるべく食事作りに時間を割かずにゆっくり食べさせるように時間を割きます。

 

高齢者が食事を食べるときに昼と夜が逆転したりしていて夜中食べて昼間食べないということもあります。

 

夜中徘徊してしまう認知症のお年寄りは朝と夜が逆転していて昼間はほとんどウトウトしていて食べられません。

 

このような場合は食べている時もそばから眠り込んでしまい食べ物を口に入れたままで寝てしまうそれはとても危険なことです。

 

噛んでいるうちに寝てしまうということは飲み込む時に誤嚥してしまうリスクが高いのでとても危険です。

 

そして認知症の薬を飲んだりしているとその中に眠り薬が入っていることがあります。

 

そうするといつも寝てばかりの状態になって、食べている時間も眠っていて栄養が少なくなってしまうかもしれません。

 

その場合は薬の量を減らすなどして物が食べられるようにならないと、せっかく認知症が治っても経管栄養になってしまえば認知症が悪化してしまうでしょう。

 

そして食べさせるには何時に目が覚めているかを確認して眠っている場合は起こして食べなさい。

 

食べさせないといけません。

 

そうしたらベットを綺麗にして食事の準備をしてたいがずれないように体を起こして食べさせるのが始まります。

 

明るい場所で家族と一緒に食べる

お年寄りは家族と一緒に食事を食べたい

 

家族と食べるということは高齢者以外にも大切だということはいうまでもありません。

 

しかし分かっていてもすることは難しいのです。

 

寝たきりが続いているとだんだんとベットに起き上がることが難しくなってきますが、起きる練習をして車椅子に座ってまたはつえなどを使って椅子に座れるようにリハビリしていかないといけません。

 

食べるところと寝るところが同じだということを想像したことがありますか。
とても精神的には受け入れがたいことです。

 

しかし多くの高齢者は食べるところと寝るところが一緒になっているのです。

 

そして排便するところまで一緒だという人もいます。

 

そうすると匂いがしますし人間らしい生活ができません。

 

ですので、なるべく寝るところと排便をするところは食べるところと分けた方がいいのです。

 

どうしても移動できない場合にはベッドのそばに座って椅子やテーブルを近づけて食べるという方法もあります。

 

そして自分が起き上がることができない場合は体を起こして60度から90度の状態にベッドを持ち上げるようにします。
そうするとだんだんと起き上がれるなってきますので、どうしたら食べることも近づいてきます。

 

確かに面倒くさいところなのですが、そうしないと良いよ体が硬くなっていて動かしにくくなります。

 

そしてある時急に動かそうとすると固まった関節と関節の間が切れてしまったり骨が折れてしまったりします。
ですので、リハビリを兼ねて毎日の食事はなるべく起こして食べさせることが必要です。

 

お年寄りは家族と一緒に食事を食べたい

 

窓を開けてひかりを取り入れているでしょうか。

 

窓を閉め放で真っ暗の状態で食べようと思っても食欲がわかないのは当然です。

 

しかしそのようなところまで目が行き届かずにカーテンを閉めぱなしにしたところで一人で食べさせていることがよくあります。